『 毎日のくらし、楽しもう!』シンプル和モダンのインテリアコーディネートを紹介しています♪
TOP > CATEGORY - 室礼
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Loving Living
 
情 = 心 + 青 ・・・ 『 JIN 』
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます

去年の休講分を履修したので、今月の室礼教室、2回目です

花祭り 潅仏会 室礼 The event in which Buddha is congratulated on his birth 
前ブログと同様、「花まつり」の室礼です 

材料は、たけのこ、独活(うど)、仏豆(そらまめ)、
ミヤマシダ、蓮根、仏手甲(ぎんなん)


花祭り 潅仏会 室礼 The event in which Buddha is congratulated on his birth 


今回も、山本先生より素晴らしいお話を伺いました。

日本文学研究家 ドナルド・キーンさんは、「日本の心とは ” 情 ”  」と表したそうです。
” 情 ” とは、心に青と書きます。
青は、五常(儒教で人が常に守るべきものとする5つの道)では、『 仁 』 にあたります。
言葉じゃぁ、わかりにくいよねぇ・・・・

【 五常 】
【 五色 】

『 仁 』 ・・・・ 自分ではなく相手を思いやる心


最近のわが身を振り返ってみて、
「わたしが、私が」ばっかりで、誰かに何かをしてもらうことばかり考えていました。
正に、『 仁 』 が足りてなかったんですよね・・・・
特に、ここ最近、不満に思うことがあり、なんで?なんで?の日々だったので、
先生よりこのお話を伺ったときにハッとしました。

まだまだ、修行中のワタクシでござります


山本三千子先生 室礼教室
http://www.shitsurai.com/

いつも応援ありがとうございます 
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ  住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト




( The following texts are translated into English using Google translation. )
Hello Friends, 
I write a blog about "Flower Festival" this time also. (the last blog→http://interior758.blog6.fc2.com/blog-entry-1457.htmlI prepared a bamboo shoot, a spikenard, a broad bean, a fern, a lotus root, and ginkgo nuts.
I heard the useful talk from the teacher.I studied sympathizing with a partner.
My practice continues still more.


スポンサーサイト
Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
Happy birthday ♪
 インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます


花祭り 潅仏会 室礼 The event in which Buddha is congratulated on his birth 

4月8日のお釈迦様の誕生日「 花まつり(潅仏会―かんぶつえ)」 の室礼です。

お釈迦様がお生まれになった所が、お花でいっぱいだったことから
「花まつり」 といわれているそうです 


花祭り 潅仏会 室礼 The event in which Buddha is congratulated on his birth 
たけのこがお釈迦様 。お花に囲まれていま~す   


花祭り 潅仏会 室礼 ミヤケマイ 散華 The event in which Buddha is congratulated on his birth  Mai Miyake   The petal of the lotus flower made of paper 

お家に帰ってからの復習では、お花の周りに、ミヤケマイさんデザインの
散華 (寺院の法要時に諸仏を供養するために撒かれる蓮弁を象った絵札) をちらしました~

お釈迦様というと、お寺にいらっしゃる尊い存在だと思ってましたが、
おうちで、お釈迦様の誕生を想って盛ってみると、なんだか身近な存在に感じました。
ホントは、いつもそばにいらっしゃるのよね、そんな事を改めておもった花まつりの室礼でした 


山本三千子先生「室礼」
http://www.shitsurai.com/


いつも応援ありがとうございます 
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ  住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト 

IDEA online shop



( The following texts are translated into English using Google translation. )

Hello Friends, 

It is a birthday of Buddha on April 8. We call the day the "Flower Festival" and celebrate it. This time, it is a interior decoration of the "Flower Festival." "Flower Festival" Why does it call? That is because the place where Buddha
was born was a flower garden.
The bamboo shoot is likened with the Buddha. The Buddha surrounded by many flowers .   

 did the decoration of the Sange to the surroundings of the flower. May Mkiyake designed it. Sange says the picture card for holding a memorial service for Buddhist images. It has a form of lotus pedals.

I thought that the Buddha was a far existence. However, when the decoration was carried out praying for the Buddha, it was moved by the familiar existence. I have noticed that the Buddha is in a side.  



Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
ひなまつりの室礼
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます


バレンタインだーと言ってたと思ったら、もう ひな祭り がすぐソコだー 
うかうかしていたので、4年に一度しかない閏年を、フツーに過ごしてしまった・・・
4年に1度のおまけの日なのにぃーーっ
さぁさ、いそいでブログ更新しなくっちゃ!

ひなまつりの室礼 インテリア interior decolation The Girls'  Festival (on March 3) 
今年のひなまつりの室礼は、流し雛 です

やっぱり女子は おひなさま ですね~
昨日は雪が降って、春の訪れは一体いつなの??? って思いましたが
おひなさまを見ていると、ウキウキ  
それだけで、女子力UPしたような気がしますっ
桃の花が、ちょっとばかりショボイのが悲しいところですが・・・・
(まるで、自分を見ているよう・・・いかん、いかん、女子力UPよっ

ひなまつりの室礼 インテリア interior decolation The Girls'  Festival (on March 3)

雛人形のもともとは、流し雛だったそう。
人形(ひとがた)に身体の穢れ(けがれ)を移し、海や山に流す風習が平安の昔にあったそうです。

炒ったお米を川に見立てて、お内裏様が流れてゆきます。 ケガレヨサラバ
ゴロっとしたのものは、ちりめんでくるんだ はまぐり 。(貞操を意味します!)
(しょぼい) 桃の花が生けてあるのは、ちょうど良い花瓶がなかったので、
コップに、IKEAのペーパーナプキンで包んで赤い紐を結びました

今週末が、ひなまつり。
これまた、テーブルコーディネートを考えなくっちゃー 

いつも応援ありがとうございますー
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ
 
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



新生活におすすめのデザイン家電、雑貨ならIDEA online shop 

Hello Friends,

It is a day of a leap year once in four years yesterday. I left that in too much busyness.  It is a day of a special addition. I update a blog in a hurry!
A traditional event of Japan has the Girl's Festival. This is an event in which decorate dolls for the Girls' Festival with the house in which a girl is present on March 3, and it offers and celebrates the flower of a diamond-shaped rice cake, sweet white sake, and a peach.

paper dolls floated 「down a river [out to sea] late on the afternoon of March 3.
Evil is moved to a doll and the customs which get out of misfortune are made into the origin.

Parched rice is likened with the river. A doll is passed on a river. I also decorated the hard clam. It means chaste. A flower vase is handmade . It wrapped in the paper napkin of IKEA and connected the red string to the glass.

This weekend is the Girl's Festival.
I have to consider a table decoration in a hurry.
 

Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
カブから芽が出た!おめでたい (♡´∀`)
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます


おめでたい 薄氷(うすらひ) 室礼   the happiest interior decoration thin ice


節分の豆まきが終わり、おうちに福を迎え入れました。

紅白のかぶからは、芽が出ています。
土も水も与えず、自らの力で芽を出すことを尊ぶ
これぞ 「 おめでたい 」 室礼です 

2月の季語には 「薄氷(うすらひ)」 があります。
ということで、 うつわは、薄い氷に見える たち吉 あわ雪
少し水を張って、氷が溶けたことを表現してましたよー  


まだまだ寒い日が続きますが、日の入り時間がずいぶんと遅くなりました 。
早く、春こないかな~ 心待ちにしている毎日です



応援おねがいします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ 
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


 
Hello Friends,

We exterminated the demon by SETUBUN which is a traditional event of Japan. After the god of good luck came to my house.
A bud began to come out from the turnip of red and white. As for neither the ground nor water, the turnip is given.
However, the turnip shot out the bud. It is its power. Japanese people revere such a natural phenomenon.

The vessel has imagined ice. Because thin ice is the language showing the season in February.
I hope spring to come early.
 


Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
乱れてる?インテリアコーディネート
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます


ひきつづき、「節分の室礼」です
でも、今回は・・・

節分の室礼 interior decoration of SETUBUN (the day before the beginning of spring) 

柊のチクチクや、あたり棒(うちはめん棒ですがっ  )、イワシの悪臭で
鬼を追い払った後の室礼です。

ところで、あたり棒とは「すりこぎ」の事なんですが
マージャンでお金をする みたいに、「する(失う)」という忌み言葉なので
あたり棒といいます。
まさに、言霊(ことだま)。日本人は言葉を大切にする民族なんですね

海外のインテリアコーディネートには、
今回の節分の室礼ような動きのある (乱れた?) ものはあまりありません。
それは、室礼というものは、 海外にみられるインテリアコーディネートのような
単なる “ 室内装飾 ” ではないからだと思います。
“ 生活に根ざした行事 ” を形に表したものだから
このような、乱れた(!) 形としての室礼となるんだと私は感じています。

次回は、お楽しみの直会(なおらい)を書きますね~


室礼
http://www.shitsurai.com/


応援おねがいします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ 
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



Welcome to the " Loving Living " ,Interior Decoration bolg! 

Then , I write a blog about SETUBUN.  
But this time ....

It is the interior decoration after expelling a demon.

In the overseas interior decoration, a photograph, pictures, an object, etc. are put in order beautifully.Please look at the upper photograph. Beans have scattered. The wooden pestle is placed violently. The demon is buried under holly. Probably, such a interior decoration does not exist overseas.But this is the right interior decoration. It is because a interior decoration is not only decorating the room beautifully in Japan. Japanese people consider it to be a part of event !

I will write the table coordination of SETUBUN by a next blog.







Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
節分のインテリアコーディネート
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます


節分の室礼 interior decoration of SETUBUN (the day before the beginning of spring)


節分の室礼です
枡、豆、柊、あたり棒(うちにはないのでめん棒!)、鰯をしつらえました。
まだ、豆まき前なので鬼は影にひそんでいます。

節分は立春の前日。
明日から「春」というこの日に、病や寒さ、邪気(鬼)を払い、喜び(福)を迎えます。
この「福」とは、幸福であるとともに、ご先祖さまを意味するそうです。
なので、節分は、春とともに故人をお迎えする儀式といわれているそうです!


節分の室礼 interior decoration of SETUBUN (the day before the beginning of spring)

鬼のお面は、節分際で有名な京都の「吉田神社」
豆は、築地の山本商店 (ここの豆菓子、おいしいよー )

豆をまくのは、本来その家の主人(または年男)の役目です。
うちでは、毎年ダンナさんがまきます。
近所迷惑だから?恥ずかしいから?ちょっぴり控えめの声で
「鬼は外!福は内!」と。

ところで、古くから日本ではハレの日には、旬の野菜や果物、野に咲く花を器に盛って
神仏に供えて日ごろの感謝を表します。
いつも行くお花屋さんでヒヤシンスがいい香りをさせて
「私を連れてかえってぇ~ 」と言ってたので連れてかえりました。
ちなみに、花言葉は「初恋のひたむきさ  」


吉田神社
http://www5.ocn.ne.jp/~yosida/

山本商店
http://www.tsukiji.or.jp/modules/shoplist_pro/shop_detail.php?shop_id=156

室礼
http://www.shitsurai.com/


応援おねがいします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ 
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


邪気を祓う「赤」なモノ
中川政七商店/粋更
ハートのふせん
漆琳堂 本漆 
『aisomo cosomo』湯呑み
SIWA(紙和)
クッションケース(ミニ)


Welcome to the " Loving Living " ,Interior Decoration bolg! 

An upside photograph is the interior decoration of "SETUBUN (the day before the beginning of spring)" which is a traditional event of Japan. SETUBUN is a ceremony in which pay the evil spirit and demon in a house and it calls in happiness. The ceremony is held on the night of February 3. We use four tools, in order to expel a demon. It is beans, holly, a hit stick, and a sardine. Those who exterminate a demon are the duties of the master of a house. a master -- "demon -- outside -- fortune -- inside -- " -- beans are thrown about in loud voice.

Although we call in happiness in a house by this ceremony, this happiness has two meanings. One is happy. Another is the ancestor.

By the way, in Japan, we decorate seasonal vegetables and fruit, and the flower which blooms in the fields on an auspicious day. And it offers on Shinto and Buddhist deities, and expresses daily gratitude.
The hyacinth was found by the favorite florist of mine. The hyacinth is a very good scent. I bought it, and returned and decorated. Incidentally, the code for flowers is "the single-mindedness of a first love." 

 

Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
節分!
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます


節分 

今日は、節分です~
今年の恵方は、北北西だそうで。
お願い事しながら、恵方巻きいただきましたよ~

節分の室礼については、また後日書きますね~


応援おねがいします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ 
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト




All About スタイルストア
Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
今晩は、十五夜です!
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます

十五夜 お団子 室礼 お月見 

三方にお月見だんご。

三方にお供えものをのせると、ぐぐっと格が上がります
それにしても、四角なのにナゼ三方?と思っていましたが、調べてみると・・・・
台の三方向に穴があいていることから、「三方」と呼ばれるそうです

ススキがちょっと手に入らなかったので、
先日から飾っているアレンジ (とっても長生き!!!  ) を流用してますが、
垂れている様子が、ススキを連想させるので
このアレンジでも結構気に入ってます

室礼というものは、案外、自由な発想でもいいのかな?
なぁんて思う今日このごろ。



お月さまって、ホントに神秘的なので、ダイスキーっ
↓  ↓  ↓
応援おねがいします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ 
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト




 
  四角でも三方!  

三方 松透かし三宝のみ8寸(24cm)欅木スリ漆


 
Posted by Loving Living
comment:4   trackback:0
9月9日は、重陽の節供
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます

9月9日は、五節供の一つである 重陽の節供 (ちょうようのせっく)です。
奇数は縁起の良い「陽」の数とされていて、
その最大陽数である「9」が重なる9月9日を節句の一つとしてきました。
9月9日 重陽の節供 菊
旧暦の9月9日は、いまでいうと10月5日(2011年)。
ちょうど、菊の咲く頃なので、菊の節供 ともいわれています。
菊の花を飾ったり、菊酒を飲んで邪気を祓い長寿を願うそうですよ!

今回のお教室では、丸いオアシスに3色(陽の数)の菊の花を
家族や親戚、身近な方の長寿を願って挿していきました。



9月9日 重陽の節供 菊 菊酒 京都 甘春堂
夫婦お互いの長寿を願って、菊の花びらを浮かべた菊酒と
菊のお干菓子は、京都の甘春堂さんのもの。

みんなの、そして私たち夫婦の長寿を願ってしつらえました。


菊の花を飾ると、ぎょっとしますが、
皇室、皇族の御紋である菊は、とても格の高いお花!なるほど!

↓  ↓  ↓ 
クリックお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ
 



  めでためでたの菊づくし!  

Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
7月の室礼 「お盆」
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます


7月の室礼 「お盆」先人の作り上げてきた日本文化は
本当に、スゴイものだなぁ~
(スゴイじゃぁ、稚拙な表現ですが
言葉じゃ表しきれません!)

と、室礼を学ぶにつれて
深く強く思います。


今月は、「お盆」の室礼です。


お盆は、7月13日に迎え火をたいて精霊を迎えおもてなしをして、
7月16日に送り火をたいて送ります。
地域によっては8月13日~8月16日にするところもあります。

さてさて、上の写真ですが、真菰(まこも)の上の盛り物は
水瓜(すいか)、きゅうり、ぶどう、なす、もも、グレープフルーツ、おおずき、お数珠です。


きゅうりの馬と、なすの牛、
キャンドルも一緒にしつらえました。

なぜ、真菰の上にしつらえるかというと
亡くなった人は、天でもなく地でもなく、
中空(水面)に降りてくるといわれています。
真菰は水草なので、敷いたところが
水面になる・・・・
ということだそうです。

先人は、生きている人だけでなく
故人やご先祖さまを
も本当に大切にされてたんだなぁと
その世界観の広さに驚かされます。
7月の室礼 「お盆」


山本三千子先生のご自宅には、季節の果物と共に亡くなられた方のお写真もありました。
まさに、そこにいらっしゃるかのようでした。
肉体はこの世にはないけれど、精霊は確かにそこにいらっしゃったのだと思います。

現代は、生と死が完全に分かれてしまい、ともすれば、死というものを忌み嫌う風潮にあります。
死が遠い存在になってしまっているので、生きるという意識も薄らいでしまっているかもしれません。
生と死は隣り合わせだということ、今ある命を大切に日々過ごそう
そんな事を感じた「お盆」の室礼でした。


山本三千子先生の室礼教室
http://www.shitsurai.com/




父方のお盆は、お墓まで精霊を向かえに行き、
おんぶ(の格好)をしてお家まで連れて帰るという風習でした。
↓  ↓  ↓
クリックおねがいします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ  



  お盆 ! お盆 !  


Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
織姫さまや彦星さまに、想いを馳せて・・・
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます

七夕 たなばた 室礼 五色短冊先日、ご紹介しました山本三千子先生の
「室礼教室」で教えていただいたことを
思い出しながら、自宅でしつらえてみました。

低いローボードの上なので、
少し高さを作るために、三宝(三方)を
用いました。

天の川をイメージして、敷布を水色に。
脇を飾るは、笹!ではなく、ドウダンツツジです

七夕 たなばた 室礼 五色短冊

三宝の上の五色の短冊は、日本橋榛原の紙に墨でお願いごとを
ていねいに、ていねいに書きました。 ネガイゴトカナイマスヨウニ・・・・

真ん中の筆は、鹿の毛を五色に染めた、あかしやの「鹿の巻筆」です。 
学業の上達、商売繁盛、家運隆盛につながる非常に縁起のよい筆だそうです。
筆架(ひっか)は、夏野菜のナス(成す)です。
こちらの写真では見えづらいと思うので、こちらをご参照ください! → コチラ☆

鹿の巻筆のとなりには、赤心 (偽りのない清らかな心) のしるしとして、
7本の針に赤い絹糸を通したものを。
芸事が上手になりますようにと、それを 琴柱に巻きつけました。 
針の穴に糸を通すときにも1本1本お願い事をしたんですよ!


いにしえからの信仰や文化、織姫さまや彦星さまに想いを馳せつつしつらえました。
最後に!七夕にそうめんを食べるって初めて知りましたので、
今年の七夕のお食事は、そうめんにしようと思います!
(先日、はなまるマーケットで美味しそうなそうめんレシピが紹介されていましたので
ご参考にどうぞ! →  トリプルトマトのカペリーニ風 )


山本三千子先生 室礼教室
http://www.shitsurai.com/index.html

日本橋榛原
http://www.haibara.co.jp/index.html

あかしや
http://www.akashiya-fude.co.jp/index.php



室礼教室に通うようになって、感謝の気持が増えました!
いつも、楽しみに読んでくださる皆様にも、感謝です
↓  ↓  ↓
クリックお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ





 


 




Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
7月のしつらい 「七夕」
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます  

七夕 たなばた 室礼 五色短冊


  ささの葉 さらさら
  のきばにゆれる
  お星さま きらきら
  金銀砂子

  五色の たんざく
  私が書いた
  お星さま きらきら
  空から見てる


「たなばたさま」を改めて聞くと、風情のある歌詞ですね
七夕は、子供の頃から大好きな節句です。 

でも、「たなばた」ってどうして「七夕」って書くの?

七夕は、中国の行事が伝来し、日本古来信仰が合わさってできたと言われているそうです。
中国の行事は、乞巧奠(きこうでん)といって、
男子は学問や文学が、女子は針や芸事が上達することを願う儀式です。
一方、日本では、棚機(たなはた)といって棚構えのある機(布を織る機械)に由来しており
川のほとりで乙女が布を織る日本古来信仰が
七月七日の夕刻に行われたということから、「七夕」という漢字があてられたそうです。

上の写真は、山本三千子先生の室礼教室で、わたしが盛ったものです。


山本三千子先生 室礼教室
http://www.shitsurai.com/



今年の七夕は、晴れるかな?
↓  ↓  ↓
クリックおねがいします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ 



  お星さまに、何をお願いしようかな~?  

 

 
Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
6月「嘉祥菓子」 の室礼 その2
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます

「嘉祥菓子」 旧暦6月16日 魔よけ 室礼 6月「嘉祥菓子」の室礼 その1 は
↓  ↓  ↓
コチラ☆ です。



 
 「嘉祥菓子」 旧暦6月16日 魔よけ 室礼

左側には 「青紫連芳 (せいしれんぽう)」、茄子と白瓜を盛りました。
うっとおしい梅雨の季節ですが、
こうした瑞々しい紫と青(緑)の鮮やかな色の野菜を見ると
雨もいいものね  なんて思えてきちゃうから、フシギ!

右側には、五色の万頭。
五色にも、それぞれ意味があるんですよ!
陰陽とか五行とか聞いたことありますでしょうか、占いとかに載ってたりするアレです。
五行とは、goo辞書によりますと、

中国古代の世界観で、万物を構成し、天地の間に運行すると考えられた木・火・土・金・水の五つの元素。天では木星・火星・土星・金星・水星として運行し、地では木・火・土・金・水として現れ、人も五行から構成されているという。


と書かれています。

五行
五色
五方
五季
五常
五味
木 
青(緑)
中央
土用
西
玄(紫)

この五行にのっとって、お万頭を盛っているんですよ!

山本三千子先生の室礼教室でお稽古させていただいていると、
いま生きているのは、自分たちの力だけではなく、
命を繋いでくださったご先祖様、天、地、植物、全てのおかげだと改めて深く感じ
万物に感謝の気持が生まれてきます。
「毎日のくらし、楽しもう!」
感謝の気持として、家族にとって
心地よいインテリアにしていきたいと思います!



知れば知るほど、日本の文化の奥深さを感じます。
みなさんは、日本文化のどういうところがスキですか?
↓  ↓  ↓
クリックお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ 




  どんなうつわに、「嘉祥菓子」を盛りましょうか  

Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
6月 「嘉祥菓子」 の室礼 その1
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます

もう梅雨に入ってしまったの?
というぐらい、雨や曇りの日が続きますねぇ。
この季節は湿気が多くて、昔から疫病が流行り、邪悪なものが現れると恐れられていました。
旧暦6月16日、魔よけの儀式を施す慣わしが 「嘉祥菓子」です。



 「嘉祥菓子」 旧暦6月16日 魔よけ 室礼



「嘉祥菓子」の起源は、諸説ありまして
・ 「嘉祥」という元号、
・ 楊弓で負けた者が中国の “ 嘉定通宝 ” で食べ物を購って勝者に供した、
・ 江戸城で将軍から大名・旗本に菓子を与えたものが、庶民に伝わった習慣「嘉祥喰」
実のところ、不明なようです

フジテレビ 「大奥 華の乱」 で、徳川綱吉(谷原章介san)が女中たちに
お菓子をまいていたシーンがあったけど、これって、「嘉祥菓子」だったのかしら?
と、ふいにドラマと日本文化が繋がったりして。


季候や自然と共生共存して生まれた日本の文化。
近頃は、便利や快適を優先して、自然の節理を人の力で抑え込もうとしていますが
畏怖の念をもって自然に接しないといけないと「室礼」を通してそのようなことを思っています。



異様に「大奥」ファンな私。
歴史に興味を持ったのもこのドラマからでした。
↓  ↓  ↓
応援おねがいします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ  



   「室礼」はじめてみませんか?  
Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
端午の節供のしつらい
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます


ベランダ改装計画をお送りしていましたが、本日は、「端午の節供」のしつらいをお楽しみください~

端午の節供 しつらい エントランス 和 

端午の節供
には、粽(ちまき)を食べますか? 柏餅を食べますか?
両方、食べちゃいま~す 
そんな、W(ダブル)にお腹を満たしてくれるおいしい ( !? ) 室礼。

男の子の健やかなる成長を願う 端午の節供。
元気で躍動感あふれる気持を盛ってみました。


端午の節供 しつらい エントランス 和  ゼラニューム 柏餅 粽(ちまき)和のしつらい なのに、何で ゼラニウム?
と思いませんか?

ゼラニウムは、葵科の植物で
ひどい日照が続いても、
根はちゃんと生き続けるので
子孫繁栄の願いが込められているそうです。

徳川家は、これを家紋としました。
うぅ~ん、なるほど  ですね!


兜(かぶと)の折り方は、以前のブログをご参照くださいね!
かぶとの折り方!  コチラ


実は、正直言うと、ゼラニウムの葉の香りって、ちょっとニガテなんですよね・・・
それ、私だけでしょうか???
↓  ↓  ↓
応援おねがいします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ 



  広いお庭がなくても、鯉は泳ぎますよ~  

テーブルの上でも
気持良さそうに
泳いでいますね
↓  ↓  ↓
小さいのに、
威厳があります。
強い男の子になってね
↓  ↓  ↓
紅型みたいな手ぬぐい
さっと壁にかけるだけで
しつらいOK!
↓  ↓  ↓
風車付(特大)染め鯉のぼりちりめん兜 長持ち飾り注染てぬぐい 端午の節句

 
Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
ひな祭りのインテリア
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます


ひな祭りの室礼  インテリア

月に一度のお楽しみ 山本三千子先生の 室礼 教室。
今月は、 『 ひな祭り 』 です
とっても華やかな年中行事のように思ってましたが、
ひな祭りの意外な背景に、とってもオドロキです

まずは、由来。
中国の「踏青」 (青い草を踏み、川でみそぎ、酒で穢れを祓う)
日本の「祓え」 (お祓いしてもらうこと) が融合した、
子供の健やかな成長と幸せを祈る祭りの日です。

ひな祭りには、欠かせない「ひなあられ」には、
実は、こんな意味が・・・・

幼くしてこの世を去った先祖の少女たちをひな祭りに参加させてあげるためのあの世とこの世の道しるべ。


 のお話には、ホントびっくりでした。

わたしたちの先人たちは、故人の魂と共に生きていたんですね。
今、わたしたちがいるのは、ご先祖さまが命をつないでくれたおかげ。
いろいろと、考えさせられます
そんな事を、心にとどめながら、
今年のひな祭りを迎えたいと思います 



  ひなまつりパーティーをしよう! 

ころんとした器で
甘酒をいただきましょう
↓  ↓  ↓
今年は、おひつで
ちらし寿司
↓  ↓  ↓
ベンチシートだと、
たくさんの友達が座れるね
↓  ↓  ↓
STUDIO M' 水玉湯のみさわらのおひつすし飯台ダイニングテーブル ballena



桃の花をかざりましょっ
↓  ↓  ↓
クリックお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ 

  







Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
Good Luck In !!!
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます


節分 2月 室礼 鬼 豆 ひいらぎ いわし 

なんと、今月は2種類の室礼!
3日に豆まきをしたので、鬼を退治した後の室礼 です!

豆は、鬼に投げつけてしつらえるところがポイント
こういう動きのある室礼っていうのは、なかなかユニークですよね~


豆まき後の楽しみは、豆福の「永田農法青大豆福豆」を。
年齢+1コ いただきましたー  burp! 
お、多すぎますっ




  プチプラでかわいいから、あつめたい! 豆皿  

この豆皿、
ねらってます
↓  ↓  ↓
波佐見焼は、有田焼と
近くなんですよ~
↓  ↓  ↓
三重の名産!
万古焼です
↓  ↓  ↓
九谷焼 豆皿 色絵石畳文波佐見焼 豆皿万古焼 切立豆皿
 



みなさまにも、福が来ますよ~に
↓  ↓  ↓
クリックお願いします! 
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ
Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
鬼は外~!福は内! 「 節分の室礼 」
インテリアコーディネートblog「 Loving Living 」に訪れていただき、ありがとうございます


節分 2月 室礼 鬼 豆 ひいらぎ いわし


明日、2月3日は、節分 ですね

昔は、「せち分かれ」といって、
季節の分かれ目のことをいいました。
明日から、もう春!という日に、
家の中の邪気(鬼や寒気)を払い、
福を迎える行事です

魔滅(まめ)、柊(ひいらぎ)、イワシ、
山椒の木のすりこぎ (うちはなかったので、めん棒で!)
鬼をいつでも退治できるように、セットしてしつらえています。

鬼は・・・
豆まき前なので、影に潜んでいます


明日は、大きな声で豆まきをして、福を迎え、
命をつないでくれたご先祖さまに
感謝しようと思いま~す



  2011年(H23年)の恵方は、南南東!
 太巻きものっちゃうような長~いお皿 

北欧の器にのり巻き!
なかなかオツかも
↓  ↓  ↓
脚付なので、
いろんなおかずを盛っても
↓  ↓  ↓
市田ひろみさんの
長皿です
↓  ↓  ↓
イッタラ プラターロング長皿 脚つき藍染絵変り長皿揃


 
いつも恵方巻きをつまらせるわたし・・・・
↓  ↓  ↓
クリックお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ 



 




Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
12月の室礼 『 冬至・年末供 』 その2
インテリアコーディネートのブログ「Loving Living」に訪れていただき、ありがとうございます



 12月 室礼 冬至・年末供

夕方、暗くなるのが早いのは、なんだか寂しいですよね
でも、12月22日(冬至)までの辛抱です!

冬至は暦の起点であり、「 一陽来復(福) 」をお祝いする日です。
 (ご参照ください → 
コチラ )
前回の、まぁるい、ほっこり系のお供えとは違い、
シンプルモダンなインテリア にぴったりな「冬至・年末供」です。


今年は、どのような一年だったでしょうか?

良いことが多かった方!
ひきつづき、ステキな一年でありますよ~に 

あんまり、いいことがなかった方!
悪いことが続いた後には、必ず幸運がやってきます
一陽来復(福)
です



「冬至・年末供」 、
感謝をするとともに、たくさんの幸福を迎えましょっ




  
  こういうもので、室礼しています!  

お供えものを盛るのに
ちょっとあるとベンリ~
↓  ↓  ↓
長板をもっていないので
漆のランチョンマットで代用
↓  ↓  ↓
扇の形のお盆!
アクセントになりますね~
↓  ↓  ↓
丸盆 白檀越前塗 尺三ランチョンマット扇面盆 吟朱



  

凹お願いしまぁす
↓  ↓  ↓  
  にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ




 

Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
12月の室礼 『 冬至・年末供 』 その1
インテリアコーディネートのブログ「Loving Living」に訪れていただき、ありがとうございます



12月 室礼 冬至・年末供 

12月の室礼は 「冬至・年末供」 です。

冬至(2010年は、12月22日です)は、
一年で最も日照時間が短く、翌日から日が伸びだすことから
古来中国では、暦の起点とされていました
野菜類をお供えし、小豆の粥を食し、身を祓い清め、
一陽来復(福) 」 のお祝いをしたのが由来です。 

冬至に食べると風邪をひきにくい、というかぼちゃと、
魔よけの色である黄色(ゆず)、赤色(唐辛子、小豆)を
12ヶ月を表すお餅と一緒に盛ります。 


今年一年は、どんな年だったのか思い出しながら
お餅をひとつひとつ、ていねいに並べるんです! 


次回は、モダンなインテリアにピッタリの「冬至・年末供」をお届けします。
どうぞ、お楽しみに~




  風邪なんか引いてはいられませんっ!  


お花みたい!
かわいい箸置きです  
↓  ↓  ↓
テーブルセンターとして 
食卓を彩ってください
↓  ↓  ↓
冬至には、
柚子湯の入りましょ~
↓  ↓  ↓
 かぼちゃ箸置きかぼちゃ手ぬぐい生活の木 バスビーズ 柚子





いつも応援ありがとうございまーす
↓  ↓  ↓
クリックお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ




 




 
  






Posted by Loving Living
comment:0   trackback:0
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。